Publication - 執筆論文・対外発表等 -


著書

  1. モビリティをマネジメントする~コミュニケーションによる交通戦略~」(共著), 学芸出版社, 2015
  2. 市民生活行動学」(共著) 土木学会, 2015
  3. 自転車利用環境整備のためのキーポイント」(共著),日本道路協会, 2013
  4. 経済レジリエンス宣言: 「強靭」な日本経済を求めて」(共著), 日本評論社, 2013


招待講演・論文(学会等)

学協会以外の

講演・講師

(行政・民間等)

コチラ

  1. "モビリティとスマートシティとまちのマネジメント", SCI-Japan ウェビナーシリーズA「スマートシティ101」, MaaS特集 モビリティとスマートシティ(第3回)「自動運転と地方におけるモビリティ活用」, 2021.06
  2. MaaS In Rural Mobility” Global Technology Governance Summit Japan 2021 Memorial Session, World Economic Forum, 2021.04
  3. 神田佑亮: "オープンデータが生み出す公共交通の未来", Okinawa Open Days 2019.12
  4. 神田佑亮: "多様化する自然災害への備え〜平成30年7月豪雨の対応教訓と課題〜", 第33回日本道路会議, 2019.11
  5. 神田佑亮: "広島における災害時の公共交通情報提供プロジェクト”, 第3回交通ジオメディアサミット, 2019.3
  6. 神田佑亮: "ピクチャマイニングの都市計画分野への適用に関する基礎的研究", 第 16 回日本都市計画学会中国四国支部研究発表会, 2018


学術論文

(査読付)

  1. 渡邊芳樹, 神田佑亮, 藤原章正:"SNSを用いた大規模災害発生後の交通政策に対する住民感情抽出手法に関する基礎的研究~西日本豪雨での災害時BRTを対象として~", 土木学会論文集F6(安全問題), 77巻1号 pp. 14-27, 2021,  DOI: https://doi.org/10.2208/jscejsp.77.1_14
  2. 田中皓介, 稲垣具志, 岩田圭佑, 大西正光, 神田佑亮, 紀伊雅敦, 栗原剛, 小池淳司, 佐々木邦明, 佐々木葉, Schmöcker Jan-Dirk, 白水靖郎, 泊尚志, 兵藤哲朗, 藤井聡, 藤原章正, 松田曜子, 松永千晶, 松本浩和:"COVID-19緊急事態宣言下における意識・行動の基礎的調査", 土木学会論文集D3(土木計画学),  77 巻 2 号, pp. 129-140, 2021, DOI https://doi.org/10.2208/jscejipm.77.2_129
    赤木大介, 神田佑亮, 諸星賢治:"条件不利環境に対応したMaaSの設計と社会実装に関する実証研究", 土木学会論文集D3(土木計画学), 76巻5号,  I_1197-I_1208, 2021
  3. 渡邊芳樹, 神田佑亮, 重光裕介, 藤原 章正:"大規模災害発生後の交通障害とその対応に関するSNS投稿特性に関する基礎的研究", 土木学会論文集D3(土木計画学), 76巻5号, I_193-I_208, 2021
  4. 伊藤昌毅, 諸星賢治, 太田恒平, 森山昌幸, 神田佑亮, 藤原章正:"災害時の公共交通情報提供プロジェクト:西日本豪雨の際の広島・呉間での実践", 土木学会論文集D3(土木計画学), 76巻5号, I_1465-I_1475, 2021
  5. 小倉亜紗美, 岩本みさ, 神田佑亮, 河村進一:”外国人住民に対する防災情報提供方策の現状と課題 ”, 実践政策学, 第6巻, 第2号, pp.209-220, 2020
  6. 神田佑亮, 藤原章正, 塚井誠人, 力石真, 三村陽一:"平成30年7月豪雨時の広島〜呉間の公共交通サービスの確保・向上策とその効果検証",土木学会論文集B1(水工学),75 巻 1 号,pp. 340-349, 2019, DOI https://doi.org/10.2208/jscejhe.75.1_340
  7. 神田佑亮, 宮川愛由, 藤井聡:”公共調達制度適正化に関する総合的考察―民間建設企業へのヒアリング調査を踏まえて―”, 実践政策学, 第5巻, 第2号, pp.199-211, 2019
  8. Y. Shimooka, N. Fukuda, Y. Kanda and T. Kurokawa: "Analysis of disaster mitigation awareness and behavior change of community associations by study sessions and experience of 2018 July heavy rain", Proc. of the Technical Forum on Mitigation of Geo-disasters in Asia, Research Paper P032, 142-147.,  2019
  9. 赤木大介, 神田佑亮, 重光裕介:"モビリティ環境の相違と健康との関連性に関する地域間比較分析~男女差を考慮して~",土木学会論文集D3(土木計画学),75 巻 5 号, I_1131-I_1139, DOI: https://doi.org/10.2208/jscejipm.75.I_1131
  10. 神田 佑亮, 大室ひな, 助永 雅紀:"ビッグデータを用いた観光行動・意識分析手法に関する一考察~SNS と「写真」に着目して~",土木学会論文集D3(土木計画学),75 巻 5 号,  I_129-I_134, DOI: https://doi.org/10.2208/jscejipm.75.I_129
  11. 大室ひな, 神田佑亮:”2000年以降の国内航空規制緩和政策の評価 ~航空サービスの供給と航空会社の収益に着目して~”,土木学会論文集D3(土木計画学),75 巻 5 号,  I_835-I_845, DOI https://doi.org/10.2208/jscejipm.75.I_835
  12. 遠藤寛之, 森山昌幸, 松村和典, 藤原章正, 神田佑亮, 鈴木祥弘:"安全性に着目したグリーンスローモビリティの導入可能性の検討 : 島根県大田市・石見銀山大森地区を例として", 交通工学研究発表会論文集, Vol. 39, pp. 31-36, 2019
  13. Hsu-Sheng Hsieh, Yusuke Kanda, Satoshi Fujii: "Incorporation of coping planning into the behavior change model that accounts for implementation intention", Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour, Vol. 60, 228-244, 2019 
  14. 土崎伸,松村暢彦, 神田佑亮, 岡本英晃, 加賀有津子: "教育カリキュラムへの定着・質的向上に資するMM教育の展開方策に関する考察 ―行政・交通事業者からの資源提供によるカリキュラムマネジメントの促進―", 実践政策学, Vol. 4, No. 2, pp.145-158, 2018
  15. Hsu-Sheng Hsieh, Yusuke Kanda, Satoshi Fujii: "Reducing car use by volitional strategy of action and coping planning enhancement", Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour, Vol. 47, pp. 163-175, 2017
  16. 土崎伸,松村暢彦, 神田佑亮, 岡本英晃, 加賀有津子: "多様なモビリティ・マネジメント教育プログラムの中長期的効果特性の比較分析", 土木学会論文集H(教育), Vol. 73, No. 1, pp. 22-33, 2017
  17. 神田佑亮, 藤井聡: "公共調達制度の変遷と公益に資する適切な制度設計に関する研究", 実践政策学, 第3巻, 第1号, pp. 39-52, 2017
  18. Hsu-Sheng Hsieh, Yusuke Kanda, Satoshi Fujii: "A New Psychological Approach to Reducing Individuals’ Car Use Behavior Applying Coping Planning and Analyzing Its Effects", Urban and Regional Planning Review, Vol. 4, pp. 1-20, 2017
  19. Yusuke Kanda, Ayako Taniguchi, Satoshi Fujii, Takeru Mori: "Can Promoting Use of Public Transportation Improve People's Health?", Journal of Transport & Health, Vol. 3, No. 2, 2016
  20. 田中謙士朗, 神田佑亮, 藤井聡: "経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究",  実践政策学, 第3巻, 第1号, pp. 195-201, 2016
  21. 夏山英樹, 神田佑亮, 中村俊之,久米富美男・奥山健一・藤井聡: "事例研究・調査報告研究・システム開発など イメージコミュニケーション型交通安全啓発活動の質的な改善に関する研究 : MMにおける説得的コミュニケーションの応用実践と効果分析", 交通工学, Vol. 50, No. 1, pp. 47-56, 2015
  22. 豊茂雅也, 神田佑亮, 藤井聡: "強靱性確保にむけた首都機能継続に関する研究―首都機能を巡る議論の歴史的変遷を踏まえて―", 実践政策学, Vol. 1, No. 1, 29-36, 2015
  23. 佐藤翔紀, 神田佑亮, 藤井聡: "高知県黒潮町におけるレジリエンス確保のための防災行政についての物語描写研究", 実践政策学, Vol. 1, No. 1, 53-64, 2015
  24. 田中皓介, 神田佑亮, 藤井聡: "公共政策を巡るドミナント・ストーリーの中学校公民教科書における記述内容の検証", 土木学会論文集H(教育), Vol. 71, No. 1,  pp. 39-57, 2015 
  25. 沼尻了俊, 宮川愛由, 神田佑亮, 中尾聡史, 藤井聡: "地方行政をめぐる人々の支持意識, 投票行動と接触メディアの関係分析", 人間環境学研究, Vol. 13, No. 2,  pp. 141-151, 2015 
  26. 前岡健一郎,神田佑亮,中野剛志,久米功一,藤井聡: "国民経済の強靭性と産業,財政金融政策の関連性についての実証研究", 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 70, No. 5,  pp. 353-369, 2014 
  27. Mori T., Kanda Y.: "The Macroeconomic Effectiveness of Resilience Investment in the Context of Earthquake Risk", The Journal of Econometric Study of North Asia, Vol. 9, No. 2, pp. 41-58, 2015
  28. 田中皓介,神田佑亮: "公共事業を巡る各種言葉のイメージ変化要因に関するパネル分析", 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol. 70, No. 4,  pp. I_13-25, 2014 
  29. 沼尻了俊,神田佑亮,藤井聡: "モビリティ・マネジメントの継続要因に関する地域横断的考察~全国の継続展開地域における実践事例から~", 土木学会論文集F5(土木技術者実践), Vol. 70, No. 2,  pp. 26-45, 2014 
  30. 夏山英樹,神田佑亮,藤井聡: "東日本大震災における地方整備局の復旧活動についての物語描写研究~TEC-FORCEの役割~", 土木学会論文集F6(安全問題), Vol. 70, No. 1,  pp. 14-32, 2014 
  31. 田中皓介,神田佑亮,藤井聡: "公共事業に関する大手新聞社報道についての時系列分析", 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 69, No. 5,  pp. 373-379, 2013 
  32. 尾高慎二・神田佑亮・西ノ原真志・飯野公央・谷口守: "地方都市圏におけるモビリティ・マネジメント施策の継続効果の分析", 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 69, No. 5,  pp. 753-760, 2013 
  33. 田中皓介,神田佑亮: "公共事業を巡る言葉に関するイメージとその変遷に関する研究", 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol. 69, No. 5,  pp. I_1-7, 2013 
  34. 根津佳樹,神田佑亮,小池淳司,白水靖郎,藤井聡: "西日本における国土強靱化インフラ整備による総合的マクロ効果予測研究", 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol. 69, No. 4,  pp. I_57-68, 2013 
  35. 相知敏行,山中英生,北澗弘康,神田佑亮: "自転車走行時の注視分析とサイン種別の評価", 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol. 68, No. 5,  pp. 909-96, 2012 
  36. Suzuki, K., Kanda, Y., Doi, K., and Tsuchizaki, N, "Proposal and Application of A New Method for Bicycle Network Planning", Proceedings of 8th International Conference on Traffic and Transportation Studies, pp.558-570, 2012
  37. 夏山英樹,神田佑亮,藤井聡: "東日本大震災「くしの歯作戦」についての物語描写研究~啓開・復興における地元建設業者の役割~", 土木学会論文集F5(土木技術者実践), Vol. 69, No. 1,  pp. 14-26, 2012 
  38. 鈴木清,土井健司,神田佑亮,土崎伸: "自転車走行経路・流動の分析手法に関する試案と適用~高松市中心部をケーススタディとして~", 交通工学研究発表会論文報告集Vol. 31, pp. 413-418, 2011
  39. Kanda, Y., Matsumura, N., Fujiwara, A., Tsuchizaki N.: "Development of Green-Community Voucher and Synergy Effect with Mobility Management,  Possibility of Low-Carbon Community Development and Regional Revitalization", Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol. 8, pp. 842-857, 2011
  40. 神田佑亮,松村暢彦,藤原章正: "環境地域通貨とモビリティ・マネジメントの連携実施による低炭素社会づくりと地域活性化の可能性", 日本都市計画学会学術研究論文発表会論文集,Vol. 45, pp. 463-468, 2010
  41. 神田佑亮,佐藤貴行,谷口守,藤原章正: "地方都市圏における組織的プログラムによる職場MMの継続実施と効果の検証", 交通工学研究発表会論文報告集Vol. 30,pp. 257-260, 2010
  42. 植田拓磨,神田佑亮,山東信二,谷口守: "ソーシャル・キャピタル形成がモビリティ・マネジメントに及ぼす効果", 交通工学研究発表会論文報告集Vol. 30,pp. 261-264, 2010
  43. 神田佑亮,森地茂,日比野直彦: "我が国における航空規制緩和政策の影響分析", 土木計画学研究・論文集, Vol. 23 No. 2, pp. 771-777,2006
  44. Nepal, K., P., Hibino, N. Kanda, Y., Morichi., S.: "Time Series Analysis of Domestic Aviation Passenger Travel Patterns in Japan", Proceedings of 10th ATRS conference, 2006
  45. Kanda, Y., Fujiwara, A., Izumi, N., Asada Y.: "A Study on Feasibility and Effects Evaluation Method of Introduction of Packaged TDM Measures", Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Research, Vol. 4, No. 2, pp. 2378-2393, 
  46. 神田佑亮,藤原章正,原田昇,山口浩孝,泉典宏: "通勤時のTDMパッケージ施策導入時の効果予測手法に関する研究", 土木計画学研究・論文集, Vol. 21 No. 2, pp. 485-491, 2004
  47. Kanda, Y., Fujiwara, A. Sugie, Y., Okamura, T., "The Effectiveness of Non-IIA Models on Time Choice Behavior Analysis", Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Research, pp. 305-317, 2001
  48. 神田佑亮,藤原章正,中村文彦,佐藤和彦: "旅行時間情報の提供が個人の交通機関選択行動に及ぼす影響 ", 土木計画学研究・論文集, Vol. 18, No. 4, pp. 853-856,  2001
  49. 藤原章正,神田佑亮,杉恵頼寧,岡村敏之: "時刻選択モデルの選択肢区分が選択肢間の類似性及び不均一性に及ぼす影響", 土木計画学研究・論文集, Vol. 17, No. 4, pp. 599-604, 2000
  50. 神田佑亮,藤原章正,杉恵頼寧: "Paired Combinatorial Logitモデルの時刻選択行動分析への適用", 第19回交通工学研究発表会論文報告集, pp. 117-120, 1999


国際会議

発表

  1. Yusuke Kanda: "Can Rural Maas Change Elder Persons’ Lifestyle, Behavior and Consciousness ? ", International Conference on Transport & Health, 14-30 June, 2021 (Virtual)
  2. Matsumoto, N., Chikaraishi, M., Fujiwara, A., Kanda, Y.: "Exploring firms’ adaptive behavior on work start time during disaster with the consideration of traffic congestion and temporal agglomeration economies", Paper presented at the 100th Annual Meeting of the Transportation Research Board, January 25-29, online conference, 2021
  3. Yusuke Kanda: "Mobility-as-a-Service for Japanese rural areas- Trial in Hiroshima rural area-", ITF(International Transport Forum) Innovative Mobility for the Periphery working group seminar, 2020 
  4. Kanda Y.: "Can MaaS change elder persons' lifestyle, behavior and consciousness?", ISG's 12th World Conference of Gerontechnology, 2020 (Hosted in Trondheim, Norway)  
  5. Kanda Y., Fujiwara A., Chikaraishi M.: "Introduction of disaster-adapted BRT and packaged TDM measures in the recovery stage of enormous damage by flood disaster", 9th International Symposium on Travel Demand Management, 2019 (Edinburgh, UK)
  6. Kanda Y., Akagi D., Taniguchi A.: "Can Promoting Use of Public Transportation Improve People’s Health? - Relationship Analysis Among Health, Lifestyle and Transportation Habit Considering Gender Difference -", International Conference on Transport & Health, 2018 (Mackinaw Island, US)
  7. Hsieh H., Kanda Y., Fujii S.: "A New Psychological Approach to Reducing Individuals' Car Use Behavior Applying Coping Planning and Analyzing Its Effects", Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 2017. (Ho Chi Minh City, Vietnam)
  8. Hsu-Sheng Hsieh, Yusuke Kanda, Satoshi Fujii: "A New Psychological Approach to Reducing Individuals’ Car Use Behavior Applying Coping Planning and Analyzing Its Effects", Urban and Regional Planning Review, Vol. 4, pp. 1-20, 2017
  9. Ryoshun Numajiri, Kosuke Tanaka, Satoshi Nakao, Hsu-sheng Hsieh, Ayu Miyakawa, Yusuke Kanda, Satoshi Fujii: "Text-mining Analysis of Opinions for Exploring Trust toward Infrastructure Investment and its Reasons in Japan", International Journal of Psychology, Vol. 51, pp. 924-925, 2016
  10. Chikaraishi, M., Fujiwara, A., Tanaka, K., Agatsuma, T., Zhang, J., Kanda, Y.: "Does personal mobility vehicles improve elders’ mobility?: A multi-period and multi-day panel experiment in an aging newtown of Japan", The 14th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled persons, July 28-31, Lisbon, Portugal., 2015



論説・解説・総説等

  1. コロナ禍と公共交通〜公共交通への影響と復活の方向性〜」, IATSS Review(国際交通安全学会誌), 2021年第46巻, 1号,  , pp. 40-48, 2021
  2. 自然災害とSDSs〜災害による「間接被害」をSDGsの視点から考察する」, 交通工学, Vol. 56, No. 2, pp. 4-7, 2021
  3. ポスト・コロナ・コンフュージョンのまちづくり〜正しく理解し、適切に恐れ,普通に暮らす〜」, 地域研究交流, Vol. 36, No.1, pp. 2-3, 2021
  4. 関係者の総力を結集した交通確保策」, 平成30年7月豪雨災害・呉市災害記録誌(2020), pp.188
  5. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2020), pp. 72-73
  6. Recent Trends in TDM and Mobility Management Measures」, TRANSPORT POLICY IN PERSPECTIVE (2020), pp. 48-49
  7. 先進過疎地のMaaS実証実験の意義  ─MaaSは過疎地を救えるか?─」,土木学会誌, 2020年5月号
  8. 多様化する自然災害への備え〜平成30年7月豪雨を事例として〜」, 道路, 2020年2月号, pp. 14-15
  9. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2019), pp. 70-71
  10. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2018), pp. 68-69
  11. 教育現場での技術伝承─「エンジニアリングデザイン教育」を通じて─」, 土木学会誌2017年12月号
  12. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2017), pp. 72-73
  13. イメージコミュニケーション型交通安全啓発の効果を高めるためには? -工学的・定量的なデータを交えた説得的コミュニケーションの可能性-」, 自動車技術(2016), Vol. 70, No. 3
  14. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2016), pp. 76-77
  15. モビリティ・マネジメント (MM) の動向と展望」, 自動車交通研究(2015), pp. 66-67
  16. 座談会土木学会創立100周年記念事業を振り返って」,土木学会誌, 2015年5月号
  17. 特集・人口減少時代の国づくり・まちづくり」,土木学会誌, 2011年1月号


講演・講師・パネリスト



学術論文・

学会発表

(査読無)

  1. 神田佑亮・中村陸哉:”上場公共交通事業者の決算から見たCOVID-19の交通事業へのインパクト, JCOMMモビリティ・セミナー「アフター宣言解除:まちと暮らしのひらきかた Vol.2」, 2021
  2. 神田佑亮:"COVID-19による公共交通と都市への影響", 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2021
  3. 中村陸哉・神田佑亮:"ICカードデータを用いたCOVID-19禍の公共交通利用の影響分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2021
  4. 野田勇翔・掛明日花・宇根本一輝・神田佑亮:"COVID-19の感染拡大がレガシーキャリアの国内線の運航に与えた影響分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2021
  5. 沖田航周・神田佑亮・藤原章正:"平成30年7月豪雨発災後の生活交通行動 及び通勤・通学交通行動に関する分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2021
  6. 中村陸哉・神田佑亮:"COVID-19 による公共交通と都市への影響に関する一考察", 第19回日本都市計画学会中国四国支部研究発表会, 2021
  7. 神田佑亮・中村陸哉:”危機的な状況に追い込まれている公共交通・まち, JCOMMモビリティ・セミナー「アフター宣言解除:まちと暮らしのひらきかた」, 2021
  8. 神田佑亮:”「西日本豪雨で止まった「広島の公共交通情報提供」のその後」”, 公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2021, 2021
  9. 神田佑亮:”大規模な影響が交通に及ぶ自然災害時のマネジメントの論考-平成30年7月豪雨での実践から-”, 第15回防災計画研究発表会, 2020
  10. 神田佑亮・太田恒平・牧村和彦・藤井聡・鈴木春菜・藤原章正:”COVID19感染拡大と政府による自粛要請が公共交通に与える影響, COVID-19に関する土木計画学研究発表セミナー,  2020
  11. 神田佑亮・神田佑亮:”MaaSによる過疎地の交通サービス向上の可能性, 第18回ITSシンポジウム2020, 2020
  12. 松元野乃花・力石真・藤原章正・ 神田佑亮:”時間集積性と交通渋滞のトレードオフに着目した災害時における企業の始業時刻選択モデルの構築, 日本都市計画学会中国四国支部研究発表会論文集,, 2020
  13. 神田佑亮:高速道路ネットワークの寸断が地域経済に与える経済被害に関する研究, 高速道路と自動車, Vol. 63, No. 12, pp. 63-66 2020
  14. 神田佑亮:”COVID19と交通・まちへのショック,スペシャルセッション"COVID-19とモビリティのマネジメント",  土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  15. 神田佑亮・赤木大介・向井明都:”過疎地域におけるサブスクリプション運賃の受容可能性に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  16. 渡邊芳樹・神田佑亮:”SNSを用いた大規模災害発生後の交通政策に対する住民感情抽出手法に関する基礎的研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  17. 野田勇翔・神田佑亮:”民間フライトログデータを用いた広島空港の航空運航特性の基礎的分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2021
  18. 高雄悠太・神田佑亮・沖田航周・力石真・松元野乃花・藤原章正:”高速道路・鉄道の寸断が地域経済活動に与える影響に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  19. 沖田航周・神田佑亮・塚井誠人・力石真・藤原章正:”平成30年7月豪雨発災後の通勤・通学行動に関する分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  20. 中村陸哉・神田佑亮:”ICカードデータを用いたCOVID-19禍の公共交通利用の影響分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  21. 掛明日花・高雄悠太・野田勇翔・宇根本一輝・神田佑亮:”COVID-19による国内航空会社の国際線運航への影響分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  22. 宇根本一輝・高雄悠太・野田勇翔・掛明日花・神田佑亮:”COVID-19の感染拡大が国内線の運行に与えた影響分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  23. 山本優斗・沖田航周・中村陸哉・渡邊芳樹・神田佑亮:”旅行クチコミサイトデータを用いたCOVID-19の感染拡大が観光行動に与えた影響の分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 62, CD-ROM, 2020
  24. 赤木大介・神田佑亮・ 諸星賢治:”条件不利環境に対応したMaaSの設計と社会実装に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  25. 高雄悠太・神田佑亮・力石真・藤原章正:”高速道路ネットワークの寸断が地域経済に与える影響に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  26. 沖田航周・神田佑亮・力石真・藤原章正:”平成30年7月豪雨発災後の交通障害下での通勤交通に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  27. 渡邊芳樹・神田佑亮:”大規模災害発生後の交通障害とその対応に係るSNSを用いた住民感情分析に関する一考察, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  28. 神田佑亮・向井明都:”交通低密度地域における柔軟な公共交通運賃の受容可能性に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  29. 野田勇翔・神田佑亮:”民間フライトログデータを用いた広島空港の航空運航特性分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  30. 小倉亜紗美・岩本みさ・神田佑亮・河村進一:”外国人への防災状況提供方策に関する研究, 日本環境学会研究発表会予稿集, Vol. 46, Web, 2020
  31. 松元野乃花・力石真・藤原章正・ 神田佑亮:”災害時における企業の始業時刻選択行動と従業員の出発時刻選択行動の相互作用の分析, 土木計画学研究・講演集, Vol. 61, CD-ROM, 2020
  32. 赤木大介・神田佑亮・ 諸星賢治・伊藤昌毅・森山 昌幸・太田恒平・藤原章正:”災害時の臨時輸送 体系に適応したバスロケ ーションシステムの開発 と運用, 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  33. 沖田航周・神田佑亮・藤原章正・塚井誠人・力石真・ 桐谷文昭:平成 30 年 7 月豪雨発災後の交通障害下での通勤交通と適応力強化のための災害時対応型職場MM に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  34. 神田佑亮:大規模自然災害後の交通サービスマネジメントに関する実践的考察 〜平成30年7月豪雨の広島〜呉間の交通マネジメントの実践から〜, 土木学会第75回年次学術講演会, 2020
  35. 渡邊芳樹・神田佑亮:大規模災害発生後の交通障害とその対応に係るSNSを用いた住民感情分析に関する一考察, 土木学会第75回年次学術講演会, 2020
  36. 赤木大介・神田佑亮:条件不利環境に対応したMaaSの社会実装に関する研究, 土木学会第75回年次学術講演会, 2020
  37. 野田勇翔・神田佑亮:民間フライトログデータを用いた地方空港の航空運航特性分析, 土木学会第75回年次学術講演会, 2020
  38. 高雄悠太・神田佑亮・力石真・藤原章正:高速道路・鉄道の寸断が地域経済に与える影響に関する研究, 土木学会第75回年次学術講演会, 2020
  39. 渡邊芳樹,神田 佑亮: "SNS データを用いた大規模災害発生後の交通障害とその対策に関する意識分析", 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, 2020
  40. 松元野乃花・力石真・藤原章正・ 神田佑亮: "災害時における企業の始業時刻選択行動と従業員の出発時刻選択行動の相互作用の分析", 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, 2020
  41. 沖田航周・神田佑亮: "平成30年7月豪雨発災後の交通障害下での通勤交通に関する研究", 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, 2020
  42. 野田勇翔・神田佑亮:民間フライトログデータを用いた地方空港の航空運航特性分析土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, 2020
  43. 高雄悠太・神田佑亮・力石真・藤原章正:高速道路・鉄道の寸断が地域経済に与える影響に関する研究, 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, 2020
  44. 神田佑亮・赤木大介・向井明都:サブスク運賃は過疎地で浸透するか?〜過疎地域での選好調査と実証実験の結果から〜, 第15回日本モビリティ・マネジメント会議, 2020
  45. 高雄悠太・神田佑亮・力石真・藤原章正:高速道路・鉄道の寸断が地域経済に与える影響に関する研究, 第15回日本モビリティ・マネジメント会議, 2020
  46. 渡邊芳樹,神田 佑亮: "SNS を用いた大規模災害発生後の交通政策に対する住民感情抽出手法に関する基礎的研究", 第15回日本モビリティ・マネジメント会議, 2020
  47. 野田勇翔・神田佑亮:民間フライトログデータを用いた地方空港の航空運航特性分析, 第15回日本モビリティ・マネジメント会議, 2020
  48. 赤木大介・神田佑亮:過疎地における地域活性化を目指した新たな交通サービスの試行〜先進過疎地対応型MaaS〜, 第15回日本モビリティ・マネジメント会議, 2020
  49. 本みさ・神田佑亮・渡邊芳樹・重光裕介・高雄悠太:"平成30年7月豪雨 発災後の移動困難者の移動障害に関する研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  50. 神田佑亮・藤原章正・塚井誠人・力石真: "平成30年7月豪雨後の広島〜呉間の交通途絶に伴う公共交通サービスの確保策", 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  51. 重光裕介・神田佑亮・藤原 章正・渡邊芳樹:"大規模災害発生後の地方選出議員のSNS投稿特性に対する一考察〜平成30年7月豪雨災害を対象として〜", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  52. 野田勇翔・神田佑亮:"民間フライトロ グデータを用いた地方空港の航空運航特性分析〜広島空港を対象として〜子どもの描写解析を通じた幼児向け教育MMの効果分析に関する研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  53. 神田佑亮・谷口綾子・弘田陽介・山田真世・瀬藤乃介:"子どもの描写解析を通じた幼児向け教育MMの効果分析に関する研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  54. 山岡俊一・野田宏治・荻 野弘・長沖嶺・村松佑都・神田佑亮:"ゾーン 30 整備地区におけ る自動車走行速度の実態と住民 ニーズの分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 60, CD-ROM, 2019
  55. 神田佑亮:”大規模自然災害後の交通サービス確保に関する一考察 〜平成30年7月豪雨の広島〜呉間の交通マネジメントの実践から〜”, 土木学会全国大会第74回年次学術講演会, 2019
  56. 村松佑都・山岡俊一・野田宏冶・荻野弘・神田佑亮:”ゾーン 30 における路線別の速度抑制効果に関する研究”, 土木学会全国大会第74回年次学術講演会, 2019
  57. 伊藤昌毅・諸星賢治・太田恒平・森山昌幸・神田佑亮・藤原章正: "災害時の公共交通情報提供の実現 ~西日本豪雨の際の広島~呉間での実践を例に~", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  58. 赤木大介・神田佑亮・冨永凌太郎・重光裕介・藤原章正: "災害時の交通マネジメントの経済被害抑制効果に関する研究ー平成30年7月豪雨の広島~呉間の交通を対象としてー", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  59. 重光裕介・神田佑亮・藤原章正・渡邊芳樹: "大規模災害発生時の議員によるSNSを用いた情報発信特性に関する研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  60. 渡邊芳樹・神田佑亮・重光裕介・藤原章正: "SNSデータを用いた大規模災害発生後の交通障害とその対策に関する意識分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  61. 大室ひな,神田佑亮: "2000 年以降の国内航空規制緩和政策の評価 ~旅客の利便性と航空会社の収益に着目して~", 土木計画学研究・講演集, Vol. 59, CD-ROM, 2019
  62. 渡邊芳樹,神田 佑亮: "SNS データを用いた大規模災害発生後の交通障害とその対策に関する意識分析", 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 71, CD-ROM, 2019
  63. 神田佑亮: "災害時こそ情報提供をオープンデータで解決できないか?〜H30.7月豪雨でのトライアル", 公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019
  64. 大室ひな,神田佑亮: "国内航空規制緩和政策の評価~2000 年以降を対象として~",土木計画学研究・講演集, Vol. 58, CD-ROM, 2018
  65. 赤木大介,神田佑亮,重光裕介: "モビリティ環境の相違と健 康との関連性に関する地域間 掲 比較分析~男女差に着目して 〜",土木計画学研究・講演集, Vol. 58, CD-ROM, 2018
  66. 土崎伸,北川由佳,秋本由美,佐々木亮,畦豪之,尾下裕昭,神田佑亮,後藤忠博,多賀谷麻美,福田泰崇: "安全運転サポート車普及活動と連動したモビリティ・マネジメントの試行~産学官の連携による高齢者の移動手段確保策の持続的な取り組み~", 第13回日本モビリティ・マネジメント会議, 2018
  67. 神田佑亮,赤木大介,谷口綾子,渡邊芳樹: "やっぱりクルマは不健康?!~都道府県別にみる交通行動と心身の健康Ver2~", 第13回日本モビリティ・マネジメント会議, 2018
  68. 重光裕介,赤木大介,大室ひな,井原雄大,神田佑亮,広島市安佐動物公園,国土交通省中国運輸局: "「HappyBus停」学生発意のバス待ち環境改革&利用促進プロジェクト", 第13回日本モビリティ・マネジメント会議, 2018
  69. 大室ひな,重光裕介,赤木大介,冨永凌太郎,神田佑亮,広島県地域政策局地域力創造課: "地方の公共交通は観光に活かせるか?~大久野島と竹原町並み保存地区の公共交通周遊実験~", 第13回日本モビリティ・マネジメント会議, 2018
  70. 神田佑亮: 子供の描写解析を通じた教育MMの効果分析の可能性に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol. 57, CD-ROM, 2018
  71. 赤木大介,神田佑亮,谷口綾子: "モビリティ環境の相違と健康の関連性に関する地域間比較分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 57, CD-ROM, 2018
  72. 重光裕介,神田佑亮: "過疎地域の若年世代の定住要因に関する時系列分析", 土木計画学研究・講演集, Vol. 57, CD-ROM, 2018
  73. 大室ひな,神田佑亮,助永雅紀: "ビッグデータを用いた観光行動分析手法の開発〜「写真」に着目して〜", 土木計画学研究・講演集, Vol. 57, CD-ROM, 2018
  74. 牛尾優太,神田 佑亮: "ショットガン方式による観光地渋滞対策の効果予測手法の開発", 土木学会中国支部研究発表会, Vol. 70, CD-ROM, 2018
  75. 土崎伸,松村 暢彦,神田佑亮,岡本英晃,加賀 有津子: "教育カリキュラムへの定着・質 的向上に資するMM教育の展 開方策に関する考察~行政・事業者が連携した出前授業型MMによるカリキュラムマネジメン トの促進~", 土木計画学研究・講演集, Vol. 56, CD-ROM, 2017
  76. 飯野公央,山田優樹,河野侑奈,神田佑亮: "松江「まち歩きバスマップ」の制作と効果の検証~学生主体のまち歩き・バス利用促進MMプロジェクト~", 第12回日本モビリティ・マネジメント会議, 2017
  77. 神田佑亮,土崎伸,河野侑奈,藤原章正,飯野公央,鈴木春菜: "地域のリソースを有効活用した持続可能なMMの構築~地域特性に応じたMM手法の試行~", 第12回日本モビリティ・マネジメント会議, 2017
  78. 神田佑亮: "幼稚園児及び保護者を対象としたバス外出促進プログラムの試行と評価に関する研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 51, CD-ROM, 2015
  79. 田中謙士朗,神田佑亮,藤井聡: "経済成長とインフラの整備水準の関係性に関する国際比較研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 51, CD-ROM, 2015
  80. 森健,神田佑亮,谷口綾子,藤井聡: "交通行動と健康との関連性に関する地域間比較研究", 土木計画学研究・講演集, Vol. 51, CD-ROM, 2015
  81. 宮澤拓也,神田佑亮,藤井聡: "都市間交通・都市内交通複合整備による交通流動・経済効果評価モデルの構築", 第32回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会(pp.13-16)
  82. 神田佑亮,藤原章正,張峻屹: "ブログ情報を用いた観光行動と満足度の分析に関する一考察", 土木計画学研究・講演集, Vol.39, CD-ROM, 2009
  83. 神田佑亮,藤原章正,張峻屹: "ブログ情報を用いた観光行動・意識分析の適用可能性に関する基礎的研究,", 土木計画学研究・講演集, Vol.38, CD-ROM, 2008
  84. 佐藤貴行,山本和幸,神田佑亮,谷口守,細川和宏: "地方都市圏における事業所への組織的モビリティ・マネジメントの試行と展開可能性:松江都市圏における事業所への行動変容アプローチ", 土木計画学研究・講演集, Vol.37, CD-ROM, 2008